USD/JPY

日銀金融政策決定会合後のドル円相場展望  短期調整局面入りも下値限定的の可能性 

概況

みずほ証券 FXストラテジスト 鈴木健吾氏

昨年11月以降のほぼ一貫した円売りでドル円は一時ついに90円を突破した。この間、政府や自民党の要人発言が円安を誘導した格好だ。円安進行は株式相場を大きく押し上げる原動力となっている。日本経済の先行きに明るさも見え始めている。こうした中で、日銀は22日、金融政策決定会合で新しい金融政策を決定したが、外国為替市場では、織り込み済みとあって現状ではドル円やクロス円のさらなる円安には結び付いていない。日銀金融政策決定会合後の為替相場はどう動くのか。最近の市場分析とともに、今後の相場展開などについて、みずほ証券投資情報部FXストラテジストの鈴木健吾氏に聞いた。

続きを読む>>

[14日の海外マーケット概観] 後半、クロス円、ドル円買い直される

概況

USD/JPY 15分足 BB(25)

14日のアジア時間帯、東京休場で薄商いの時間を狙った買い仕掛けにドル円は89円66銭近辺まで上値を切り上げた。その後は伸び悩み。 欧州序盤は、ギリシャ・サマラス首相所属の党本部が銃撃を受けたとの報道でユーロ売りが優勢。ユ…

続きを読む>>

1月9日の外国為替相場では、ドル円が上昇。

概況

USD/JPY

1月9日の外国為替相場では、ドル円が上昇。朝方こそ前日の流れを引き継ぎ86円台後半まで円高進行も、その後は欧州、米国株式市場の堅調な流れを受けて買い戻しの動きが優勢で、一時88円台にタッチ、87円台後半で取引を終了した。

続きを読む>>

[9日午前の東京マーケット概観] ドル円、クロス円、朝安後切り返す

概況

USD/JPY 5分足 BB(25)

朝方は円買い継続。午前8時前にドル円は86円82銭近辺と、年明け以降の安値(87円76銭近辺)に接近。ユーロ円は113円54銭近辺と、年明け以降の安値更新。

続きを読む>>

[8日の海外マーケット概観] 仏格下げのうわさでユーロ売り ドル円、クロス円は上値切り下げ継続

概況

USD/JPY 15分足 BB(25)

8日の欧州市場は材料難にドル円は87円40円近辺でのもみあいが継続。クロス円も同様な展開。ニューヨークでは、一部報道による「フランス政府格下げ」の噂からユーロ売りが先行、ユーロドルが1.3068ドル近辺まで急落。フランス…

続きを読む>>

[外為全般] 円全面高 ドル円87円23銭近辺まで下落、4日以来のドル安・円高水準 豪ドル円91円69銭近辺まで下げ7日安値更新

概況

USD/JPY 15分足 BB(25)

円が買い戻しが継続。円全面高。ドル円は87円23銭近辺まで売られ、4日以来のドル安・円高水準。クロス円も軒並み安。ユーロ円が114円48銭近辺、ポンド円が140円63銭近辺、豪ドル円が91円69銭近辺、NZドル円が73円…

続きを読む>>

[外為全般] クロス円下落、ドル円も押される

概況

USD/JPY 15分足 BB(25)

新規材料難の中で、日経平均が下向きの動きで、クロス円が軟調。

続きを読む>>

[外為全般] 全くの動意薄 円安ストーリー持続するかは安倍政権への期待より米国動向か

概況

USD/JPY 5分足 BB(25)

午後は全くの動意薄の展開に。この後の欧州勢の動きによってはどう変わるのかわからないが、円売りも一服か。もっとも、円売りニーズは衰えてはおらず、予断は許さない。ポイントは米国の動向となる。海外メディアによると、米議会指導部…

続きを読む>>

12月27日の外国為替相場では、ドル円が続伸。2010年8月以来となる86円台。

概況

USD/JPY 1時間足 BB(25)

12月27日の外国為替相場では、ドル円が上昇。前日の流れを引き継ぎ朝方から底堅い展開が続き、ニューヨーク市場に入ると2010年8月以来となる86円台をマーク。その後は弱い米経済市場から売られる場面も見られたものの、再び8…

続きを読む>>

12月26日の外国為替相場では、ドル円が上昇。

概況

USD/JPY 日足 ボリンジャーバンド(25)

12月26日の外国為替相場では、ドル円が上昇。東京市場朝方から堅調な展開で85円台を突破すると一段高。その後は欧州主要市場が休場でやや揉み合う展開も、NY市場に入り再び円売り優勢で、85円60銭程度で取引を終了した。引き…

続きを読む>>

[外為全般] 米「財政の崖」交渉後退が伝えられ早朝ドル円84円割れに急落、ユーロ円111円割れ

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

18日の市場には米「財政の崖」交渉に対する楽観的な見通しが流れたが、19日のニューヨーク市場では、「大統領は共和党のベイナー下院議長が提案した『第2案』に対して拒否権を発動するだろう」とするホワイトハウス報道官のコメント…

続きを読む>>

[外為全般] ドル円、クロス円、失速の後上値重い展開に

概況

USD/JPY 日足 ボリンジャーバンド(25)

朝方はドル円、クロス円とも勢い良く駆け上がったが、午前10時前の仲値公示を過ぎるとと失速、概ね朝方からの上げ幅を消す格好となった。

続きを読む>>

[外為全般] 欧州序盤はドル買い、円買い ドル円83円89銭近辺まで下落

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

欧州序盤はドル買い、円買い。ドル円は83円89銭近辺まで下落。その後は83円92銭前後で小動き。ユーロ円は110円42銭近辺まで下げ、その後は110円50銭割れで推移。ポンド円は135円97銭近辺、豪ドル円は88円39銭…

続きを読む>>

12月17日の外国為替相場では、ドル円が上昇。

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

12月17日の外国為替相場では、ドル円が上昇。自民党の圧勝から週明け窓を開けてのスタート。ただ、寄り付き84円30銭台もその後は材料出尽くしから窓を埋める動きで、一時83円60銭程度まで下落。結局、83円80銭台で取引を…

続きを読む>>

ドル円は米金利で決まる 安倍氏に「幸運な巡り合わせ」

概況

ドイツ証券 田中泰輔チーフ為替ストラテジスト、グローバルマクロ・リサーチ・オフィサー

12日の米国FOMC(連邦公開市場委員会)を契機に、市場の期待する円安・ドル高が一段と進行。1ドル=84円近辺に達した。人気アナリストランキング「金利・為替部門」で毎年、独走を続けるドイツ証券の田中泰輔チーフ為替ストラテジスト、グローバルマクロ・リサーチ・オフィサーは13日に記者懇談会を開催し、為替の見通しなどについて以下のように語った。

続きを読む>>

主要3通貨の当面の見通し ドル、ユーロ、ポンド

概況

ドル円相場

ドル 円安地合い続く FOMCは12日、9月に決定した住宅ローン担保証券(MBS)を月額400億ドル購入するプログラムを継続すると同時に、年末に期限切れを迎える「ツイストオペ」(月額450億ドル規模の短期債売り、同額の長…

続きを読む>>

12月13日の外国為替相場では、ドル円が続伸。

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

12月13日の外国為替相場では、ドル円が続伸。前日までの流れを引継ぎ朝方から堅調な展開で、東京市場では83円66銭程度まで上昇。その後は欧州市場にかけて上昇分を吐き出す形も、朝方の安値を下回ることもなく持ち直し、冴えない…

続きを読む>>

[外為全般] ドル円、クロス円軟化 午後の上げ分消す

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

ドル円は軟化、83円43銭近辺と午後の上げ分を消している。ユーロ円は109円12銭近辺、ポンド円が134円55銭近辺、豪ドル円が88円3銭近辺まで押され、やはり午後に上げた分をほぼ消した格好に。利益確定の売りが先行してい…

続きを読む>>

[外為全般] ドル円、年初来高値(84円17銭)の更新も

概況

USD/JPY 1時間足 ボリンジャーバンド(25)

13日の東京市場は引き続き円売りの動きが強まった。日銀の追加緩和などが売り材料と摺る見方もあるが、目新しい材料ではない。

続きを読む>>

[外為全般] 円売りの流れ変わらず ドル円83円31銭近辺まで上昇、12日NY高値更新 高水準の円売りポジションの処理が焦点へ

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

円売りの流れは変わらない。ドル円は83円31銭近辺と12日ニューヨーク高値を更新。クロス円も強含んでいるが、ニューヨーク高値には届いていない。米FOMCで予想通りの追加緩和が決定され、

続きを読む>>

[外為全般] 欧州序盤、クロス円での円売り勢い止まらず

概況

USDD/JPY 5分足 ボリンジャーバンド(25)

欧州序盤は、クロス円での円売りの勢いが止まらない。ユーロ円が107円68銭近辺、ポンド円が133円33銭近辺、豪ドル円が87円25銭近辺、NZドル円は69円58銭近辺まで上昇。ドル円も切り返したが、12日高値の87円80…

続きを読む>>

[外為全般] 強い円売りニーズ そろそろ限界の声も聞かれるが…

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

午後は、株価の持ち直しをきっかけに再び円売りが強まった。投機筋の円売りポジションはかなりの規模に積み上がっている模様で、短期的にはドル円の上昇余地は限定的との見方が多いが、円売りニーズの強さが目立っている。すでに円売りポ…

続きを読む>>

12月11日の外国為替相場では、ドル円が小幅上昇。

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

12月11日の外国為替相場では、ドル円が小幅上昇。欧州時間はやや円買いの動きも、米国時間では株式市場の堅調な動きもあり円売りドル買いの動きで、82円50銭程度まで上昇、ほぼ高値引けに。ただ、FOMCを前に全体的には小動き…

続きを読む>>

[外為全般] 狭い範囲でのもみあい 独12月ZEW景況感調査に注目

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

午後は、全般に狭い範囲でのもみあい。FOMCやユーロ圏財務相会談などのイベントを控え動きにくい環境となった

続きを読む>>

12月10日の外国為替相場では、ドル円が小幅下落

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

FOMCや総選挙を前に米国時間にかけて円の買い戻しが優勢で、一時82円11銭程度まで下落。

続きを読む>>

12月07日の外国為替相場では、ドル円が小幅上昇。

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

欧州時間にかけて冴えない展開で、地震の影響から一時82円18銭程度まで下落。一方で、米雇用統計が発表されると予想外の改善から

続きを読む>>

[外為全般] ドル円、クロス円弱含みに 米長期金利の低下が圧迫

概況

USD/JPY 15分足 ボリンジャーバンド(25)

ドル円、クロス円が下落に。
ドル円が82円39銭近辺まで下落、ユーロ円が107円59銭近辺、ポンド円が132円57銭近辺、豪ドル円が86円20銭近辺まで弱含んでいる。

続きを読む>>

12月05日の外国為替相場では、ドル円が上昇

概況

USD/JPY 1時間足 ボリンジャーバンド(25)

12月05日の外国為替相場では、ドル円が上昇。朝方から堅調な展開が続き、82円40銭台まで上昇、高値引けに。

続きを読む>>

米「QE3.5」観測高まる  ドル安・円高圧力につながる可能性も

概況

USD/JPY 日足 ボリンジャーバンド(25)

このところ発表される米景気指標に弱い動きが見られる。ハリケーン「サンディ」の影響がどれだけあるのか見極めがつかないことで、マーケットの反応はそう悲観ムードに傾いていないように見受けられるが、米景気指標トレンドの下向き傾向が鮮明になった場合、これまでの楽観ムードの反動も怖い。

続きを読む>>

12月03日の外国為替相場では、ドル円が下落。

概況

ドル円 15分足 ボリンジャーバンド(25)

12月03日の外国為替相場では、ドル円が下落。目立った材料のない中、欧州市場にかけて円買いが優勢で、前週末の安値を下回り、一時82円台割れ。

続きを読む>>

WeeklyH24Dec03

為替相場観 連載

EUR/USD 1時間足 ボリンジャーバンド(25)

先週の時点では、ドル円が82円台まで来ることが意外でした。
しかし、レンジの中心が82円台を維持し、かつ81円台で引けたのが、週の半ばの水曜日、東京、ロンドンだけであったということから、すこしずつ、82円台に市場参加者の目が慣れ出した、ということも考えられます。

続きを読む>>

主要8通貨の当面の見通し 12月1週 ドル、ユーロ、カナダドル

概況

ドル円相場

ドル円は調整局面に。安倍発言は続いたが、材料としては色あせ、反応も限定的。27日は、米10月耐久財受注、米9月ケースシラー住宅価格指数、米11月リッチモンド連銀製造業指数、米11月消費者信頼感指数が予想より強い。10月新築住宅販売件数、新規失業保険申請件数などは予想より弱い。マーケットは、「財政の崖」に関する政治家の発言に一喜一憂する展開が続いた。こうしたパターンは今後も続きそうだ。

続きを読む>>

フォーカス ムードに煽られる円先安観  欧州にもリスクはくすぶる

概況

外国為替市場では円安が止まらない。ここまでくると円売り材料など二の次と言ったムードも生まれ、ドル円、クロス円ともに緩やかながら上昇傾向が続いている。しかし、気をつけなければならないのは、現在の円売り相場を仕掛けた海外短期筋なるものが、いったんはどこで降りようとするかだろう。いや、もう降りているかもしれないが…。利に乗ったら手じまいに動くきっかけを待っているはずだ。専門家はその可能性を警告している。ドル円では既に5%程度の利益を上げているだけに、要注意の局面と、慎重なスタンスで臨みたい。

続きを読む>>

WeeklyH24Nov26

為替相場観 連載

USD/JPY 1時間足

ドル円が82円台まで来るとは、ちょっと意外でした。
自民党の安倍総裁の金融緩和発言が、かなり影響したと感じています。
しかし海外が、自民党の政権復帰を本当に信じてこういう行動を取ったのか、ちょっと疑問には感じています。

続きを読む>>

主要8通貨の当面の見通し 11月5週 ドル、ユーロ、ポンド、カナダドル

概況

ドル円相場

ドル:いったんは利食いも。予想より弱い米景気指標には、ハリケーン「サンディ」の影響もあって反応が鈍かったが、前週は10月中古住宅販売件数、住宅着工件数など予想より強い指標にはある程度の反応。一方、20日夕方白川日銀総裁が、

続きを読む>>