WeeklyH26May19

為替相場観 連載


為替について
============
もう、101か102以外の大台を見ることが、もう3ヵ月近くなくなりました。
相場をやる人にとっては、かなりつらい状況ですが、何がきっかけになれば、この状況が打開されるのか、まだ見当がつきません。

ドル円の動意のきっかけがつかめないのに対して、ユーロドルは、ECBの利下げの可能性が指摘されており、しかも利下げがあれば、ユーロが緩む可能性がかなり高いということで、動きやすい状況にあると思います。

ドル円が固定状態で、ユーロドルが軟調なので、必然的にユーロ円は、下向きのバイアスがあるとみるのが、当然でしょう。しかし、ファンダメンタルズ上は、上に行くと考えている人が多いので、限定的な相場になると思った方が良いでしょう。

戻る