WeeklyH26Mar24

為替相場観 連載


為替について
============
先週は、102円台で終わり越週しましたが、クリミヤの情勢よりも、散発的な米国経済指標の影響で、ドルが上昇したと考えられます。
経済情勢の好転はもちろん評価すべきでしょうが、政治情勢は、全く評価できない方向に動いているものと判断でき、これ以上のドルの上昇には、疑問符をつけるべきかと考えています。
このまま、103、104円台にドルが上昇するという相場ではない、と考えるのが妥当ではないでしょうか。

ユーロドルは、1.39台を見たあとの、1.37台で越週しています。
金利の上昇期待からユーロも上昇したものと思われますが、相場は、金利を見る相場よりは、まだ、政治を見る総ばであると思います。
そろそろクリミヤ情勢が影響しているようで、1.37台から再び上昇する相場にはないと思われます。

ユーロ円も、141円台で越週していますが、140円台を維持できる相場であるとは思えません。
135から140円にレンジに入っても、それは大きなネガティブが要素だとは思いませんが、141~145円台を維持できる相場ではないと認識しておくことが大切でしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京だけが文化と思うなよ!
==============
海外のサイトを見ると、面白いものが多い。
海外のサイトの記者は皆東京在住なので、東京のニュースばかりが伝わる。

あるサイトを見ると、東京では、この寒いのに、皆、素足にミニスカートをはいているという記事が多い。

ここ山梨県では、女子高生の素足などは、滅多に見かけない。
見かけても、うれしくなるよりは、寒くなる。

けど、うれしい。

戻る