WeeklyH25Oct07

為替相場観 連載


WeeklyH25Oct07為替について
======
3桁台に行きそうで行かないドル円を見続けてもう2月近くになるような感じがしています。
8月は、夏枯れ相場であったために、致し方ないとは思うものの、9月に入って、早くも米国の年中行事の債務残高の上限問題が出て来るとは意外でした。
しかも今回は、17年ぶりの政府機関の一部シャットダウンというおまけまでついています。
これがあると、もう少し97~99円台をうろうろするのではないかと感じています。

一方、ユーロドルは、なぜか堅調な動きが続いています。失業率は相変わらず高く、米国主導で景気を回復して貰わなければ、自律的には回復が難しいように見えるものの、債券市場は落ち着いており、変なユーロ高が続いていると感じています。
米国の問題が解決するまで、こんな相場を続けるのではないでしょうか。

ドルとユーロが面白い綱引きをしているために、かえってユーロ円は安定しています。
130円台の低い方で低位安定しているものの、下げトレンドに入る感じはありません。
やはりいずれ135~140のレンジに行くように見えます。

とどまるところを知らない
============
少し前にリニアモーターカーが、14年後に現実となる報道を聞いた人も多いだろう。
そこまで便利になる必要があるのかなぁ、などと思っていると、日本はまだまだ進歩しそうな雰囲気だ。

単身赴任で一人暮らしをするようになり、ときどきテレビを見る余裕ができた。
とスイッチを入れると、炊飯器(思わず、電気釜と言いそうになった)の中に、さらに料理をする皿を入れる商品ができたそうな。

お米を炊く時に出るあの蒸気を無駄にせず、上に乗せた皿で別の料理を同時に作ってしまうのだそうだ。
これが、もちろんOLやら単身赴任者に受けている。
ご飯を炊く時間だけで、もう一品料理できてしまうからだ。

えっ?
料理の匂いが、ご飯に移らないかって?
そんなこと、日本のメーカーが考えないわけないでしょ!

戻る