[外為全般] クロス円、ドル円強含みも目先に慎重姿勢 混沌の伊総選挙、英格下げなど

概況


午後2時半すぎから日米などの株式が再び上向くとクロス円、ドル円がジリ高の展開に。午後3時を過ぎてユーロ円が124円50銭近辺、ポンド円が142円67銭近辺、豪ドル円が96円85銭近辺、ドル円が94円25銭近辺まで上昇。もっとも、値動きは乏しい。イタリア総選挙が混沌としていることや、英格下げに伴うマーケットへの影響などが読めず、当面、慎重にならざるを得ない面もある。欧州勢の本格参入待ちだ。

戻る