[スティーブンス豪中銀総裁議会証言] 「インフレ見通しを踏まえると、必要なら一段の緩和余地ある」「豪ドルは予想された水準よりも幾分高い」

概況


スティーブンス豪中銀総裁による議会証言が伝えられている。2月豪中銀議事録とほぼ同じ内容。
以下は骨子の一部。2月豪中銀議事録とほぼ同じ内容。

「中国経済の減速は終わった」、
「インフレ率は目標に沿っている」、
「世界経済成長の下振れリスクが後退」
「豪ドルは予想された水準よりも幾分高い」
「豪交易条件、今後数年でさらに低下する見通し」
「豪ドルは金利設定の要因、政策目標ではない」
「インフレ見通しを踏まえると、必要なら一段の緩和余地ある」
「資源投資、ピーク後も急激な減少は予想せず」
「中国経済の減速は終わった」
「インフレ率は目標に沿っている」
「世界経済成長の下振れリスクが後退」
「豪ドルは予想された水準よりも幾分高い」

戻る