[外為全般] G20受け円売りは限定的 ドル円94円手前から押される クロス円も同様の展開

概況


G20では「通貨の競争的な切り下げを回避する」などを含む共同宣言を採択、日本のアベノミクスに対する直接的な非難は回避された。このG20を受けて18日のオセアニア市場ではドル円は上昇して始まり、一時93円94銭近辺まで買われたが、上昇は限定的で、その後は93円70銭近辺まで押されている。クロス円も同様の展開。ユーロ円は125円46銭近辺を高値に125円近辺、ポンド円は145円65銭近辺を高値に145円2銭近辺、豪ドル円は96円65銭近辺を高値に96円48銭近辺まで軟化。日本に名指しの批判はなく、現在の円安水準が容認されたとの受け止め方があるもようだが、常識的にみて今以上の円安や、日本サイドの口先介入が難しくなったことは十分に考えられる。

戻る