[外為全般] ドル円、クロス円早くもダレ気味 短期的な下落トレンド継続

概況


ロシア財務次官の「G20為替声明の文言は日本に特別言及しない見通し」と発言したことがきっかけ。ドル円は92円25銭近辺を安値に92円62銭近辺まで持ち直し。ユーロ円は123円19銭近辺を安値に123円78銭近辺まで買い戻された。しかし、ドル円、クロス円ともに午後3時を過ぎて早くもダレており、短期的な下落トレンドは変わっていない。この後欧州勢がどのようなスタンスで参入するかが焦点。G20開催を控えて動きにくい環境ながら、その前に、積み上がっている円売りポジションの調整に動く可能性はある。ドル円、クロス円のもう一段の調整も予想されそうだ。

戻る