[外為全般] 方向感に欠く展開 市場の関心はG20に向う

概況


ドル円、クロス円とも方向感に欠く展開だが、結局、レンジ内の動きにとどまった。ドル円は、上値は93円60銭台を超えられず、下値は93円30銭割れのレベルが堅い。14日は、欧州で第4・四半期GDPがフランス、ドイツ、ユーロ圏の順序で発表される。マイナス成長が予想されているが、とりあえず市場参加者は上ブレ、下ブレを見極めたいとの姿勢。米国では週間の新規失業保険申請件数が発表されるが、市場参加者の関心は今週末15─16日開催のG20に向っている。

戻る