[外為全般] ドル円、クロス円に買い戻しの動き 依然、短期的な下げトレンド継続

概況


ドル円、クロス円に買い戻しの動き。ドル円は93円18銭近辺、ユーロ円は125円31銭近辺、ポンド円は146円10銭近辺まで持ち直し、いずれも正午過ぎからの下げをほぼ回復。もっとも、ドル円、クロス円ともに短期的な下げトレンドラインから抑えられている状況は変わっていない。一方、豪ドル円は96円32銭近辺と下げ幅の半分程度しか戻していない。これは、豪ドルが対米ドル、対ユーロで下落しているのが理由。この後参入する欧州勢の出方が注目。G7緊急共同声明の解釈をめぐる要人発言が注目されているが、次のG20に対する思惑から円買いから始まるか、円売りから始めるか、欧州株の寄り付きとともに目が離せない。

戻る