[外為全般] クロス円、ドル円、短期的な下降トレンドは継続

概況


クロス円、ドル円の下落は一服しているが、短期的な下降トレンドは継続中。欧州勢の出方待ちといったところだ。ドラギ欧州中銀総裁の発言をきっかけにユーロが売られ、円が買い戻されており、この流れがクロス円、ドル円にも波及している。ユーロ圏は、イタリア、スペインの政局不安も絡んでおり、これまで上昇してきたユーロが調整に入ると、円上昇の余地が出てくる。もっともドル円の上昇基調が変わったと見る向きは少ない。いったんは当面の目標である95円をつけないと終わらないとの見方も根強い。しかしその場合も調整局面を迎える確率が高まる可能性がある。円売りを支えるのは、あくまで欧米マーケットの落ち着きであることは認識しておく必要がある。

戻る