[8日の焦点] 中国1月消費者物価指数などに注目

概況


8日発表の景気指標は、各国にはそれぞれ注目指標が控えている。中国の1月消費者物価指数も注目。12月は前年比2.5%と伸びが加速したが、1月分は前年比2.0%に落ち着くと予想。もっとも不動産価格、食品価格の上昇の中で中国人民銀行が物価重視へと軸足を移す可能性があり金融緩和は終了した可能性がある。カナダ1月雇用統計も関心。このところ同データは比較的好調だが、1月の雇用者数は0.50万人(12月3.98万人)と大きく鈍化すると予想されている。カナダ1月住宅着工件数も要注意。予想は19.5万件(12月19.8万件)とほぼ横ばい。米は12月貿易収支。予想は460億ドルの赤字とやや縮小。

【8日発表の景気指標・イベント予定】
14:30 中1月消費者物価指数
16:00 独12月貿易収支
16:00 独12月経常収支
22:30 加12月貿易収支
22:30 米12月貿易収支
22:30 加1月失業率
24:00 米12月卸売在庫

戻る