IMM通貨先物  円の売り越し7万1246枚に7週ぶりの拡大  ユーロ買い越し、2011年7月5日以来の高水準

概況


CFTC(米商品先物取引委員会)が発表したIMM通貨先物の建玉報告(1月29日までの週、投機筋)によると、円の売り越しは前週の6万4068枚から7万1246枚に7週ぶりの拡大となった。円の内訳は、ロング(買い持ち)が前週の4万1983枚から4万8476枚に4週連続の増加となった一方、ショート(売り持ち)は前週の10万6051枚から11万9722枚に2週連続増加。ロングの増加額が6493枚に対しショートの増加額が1万3671枚とロングの2倍となったことで、売越額が拡大した。

今回のデータ(1月23―29日)の対象となる外国為替市場では、このところ強まっていたドル売りが一服。主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する米ドルのポジションは、米ドル換算で、前週の132.07億㌦の売り越しから88.09億㌦の売り越しに急縮小となった。売り越し自体は8週連続。個別通貨別では、ユーロを除きドル買いの動きに。

ユーロの買い越しは前週の2万1381枚から2万7472枚に3週連続の拡大。2011年7月5日以来の高水準。ロングは前週の8万3840枚から9万3791枚に3週連続の増加。一方、ショートは前週の6万2459枚から6万6319枚に7週ぶりの増加。

ポンドの買い越しは、前週の1万7938枚から1万622枚に2週連続の縮小。ロングが前週の6万201枚から5万7989枚に2週連続の減少。ショートが前週の4万2263枚から4万7367枚に4週連続の増加となった。スイスフランの買い越しは前週の6384枚から4148枚にさらに縮小。

資源国通貨は買越額が縮小。豪ドルの買い越しが前週の9万7011枚から8万5296枚に5週ぶりの縮小。縮小幅も1万1715枚と1万枚を超えた。ロングが前週の14万3776枚から5週ぶりの減少の12万4520枚に2万枚近くの大幅な解消に。一方で、ショートが前週の4万6765枚から3万9224枚に2週連続の減少。カナダドルの買い越しは、前週の5万7952枚から連続縮小の3万5057枚に。ロングが前週の6万6225枚から5万3915枚に減少。ショートは前週の8273枚から1万8858枚に増加した。NZドルの買い越しは前週の2万3532枚から2万1816枚に縮小。

円ポジション、ユーロポジション

IMM通貨先物(CFTC発表)
通貨 1月22日 1月22日
ロング 41,983 48,476
ショート 106,051 119,722
ネット ▲ 64,068 ▲ 71,246
ユーロ ロング 83,840 93,791
ショート 62,459 66,319
ネット 21,381 27,472
ポンド ロング 60,201 57,989
ショート 42,263 47,367
ネット 17,938 10,622
スイスフラン ロング 15,232 11,994
ショート 8,848 7,846
ネット 6,384 4,148
カナダドル ロング 66,225 53,915
ショート 8,273 18,858
ネット 57,952 35,057
豪ドル ロング 143,776 124,520
ショート 46,765 39,224
ネット 97,011 85,296
NZドル ロング 28,815 26,830
ショート 5,283 5,014
ネット 23,532 21,816
戻る