[20日の東京マーケット概観] ドル円、クロス円 弱含みながら小動き 全般は様子見

概況


全般は材料難に総じて小幅レンジでの展開。ドル円は119円トビ台、ポンド円は183円50銭台中心、豪ドル円は92円70銭台中心で推移。中でユーロがやや弱含み。ユーロドルが1.1350ドル台、ユーロ円が135円18銭近辺まで押された。午後10時半ごろから円買いの動き。ドル円は118円88銭近辺、ユーロ円は135円12銭近辺、ポンド円は183円40銭近辺、豪ドル円は92円70銭近辺まで下落。午前11月を過ぎると再び小幅な値動きに。ドル円は119円90銭超のレベルで小幅なレンジ。正午10分ほど前、ドル円が118円92銭近辺から89銭近辺までジリ安。クロス円はもみ合い。

戻る