[日銀金融政策決定会合議事(12月19・20日分)] 「物価安定実現には、成長力強化や財政規律確保など政府の役割も重要─何人かの委員」

概況


日銀金融政策決定会合議事(12月19・20日分)が公表された。以下は骨子の一部。

「デフレ脱却に向けた姿勢に対する海外の誤解解消のため、主要国と共通の物価上昇率目指すことの明確化望ましい─ある委員」
「物価安定実現には、成長力強化や財政規律確保など政府の役割も重要─何人かの委員」
「不利撤廃は市場機能低下や金融機関収益の悪影響・基金積み上げ困難にし経済の働きかけ低下する可能性─何人かの委員」
「不利撤廃は技術的議論、政策金利を下げるかどうか議論すること必要─1人の委員」
「コミットメントの文言変更で物価安定実現に向け効果的に市場予想に働きかけること可能─複数委員」
「CPI1%達成までオープンエンドを明記することで日銀の政策スタンスをより明確化できる─1人の委員」
「石田委員、付利撤廃と固定金利オペ・貸出支援オペなどを0.03%とすることを提案」

戻る