[16日午前の東京マーケット概観] 全般は様子見に小幅なレンジに

概況


16日早朝、薄商いの中、ドル円は一時118円10銭台に。その後118円60銭台を中心に推移。午前8時50分に発表された10-12月期GDP1次速報値は前期比年率2.2%(予想3.7%、7-9月期-1.9%)と、予想に届かず2%台にとどまったことを受けドル円は118円54銭近辺まで弱含んだが、下値は限定的で、午前9時を過ぎて118円70銭前後で推移。日経平均の上昇を受けユーロ円は135円45銭近辺、ポンド円は183円3銭近辺、豪ドル円は92円32銭近辺まで強含んだが、13日ニューヨークから見るともみ合う展開。午前10時前の仲値公示前後からドル円は118円58銭近辺、ユーロ円は135円28銭近辺、ポンド円は182円82銭近辺まで軟化、豪ドル円は92円24銭近辺まで伸び悩み。ドル円、クロス円とも軟化した後こう着。材料難に様子見に。その後はドル円は118円60銭前後、ユーロ円は135円30銭前後、ポンド円は168円80銭前後、豪ドル円は92円25銭前後で推移。米が休場で動きにくい展開が予想される。

戻る