[外為全般] ドル円118円85銭近辺まで軟化 ユーロ円、ポンド円もみ合う 豪ドル円は下放れ

概況


6日のニューヨーク市場では、予想以上の強さを見せた米1月雇用統計を受けドル買いが強まりドル円は119円台に急伸、一時119円20銭近辺を付けた。9日は午前8時を過ぎて118円89銭近辺まで押された後119円前後で推移。午前9時を過ぎて118円85銭近辺まで軟化。ユーロ円は、対ドルでのユーロ安、円安に相殺された形でレンジ内の動きで午前9時過ぎは134円50銭台~134円60銭台でもみあい。小動き。6日のニューヨーク市場でポンド円は181円75銭近辺まで上昇、これはポンドドルも下げたが、ユーロドルほど弱くなかったことでポンド円は上げた。午前9時過ぎポンド円は181円台前半での往来。豪ドル円は6日のニューヨークで93円台を回復したが、9日は92円30銭台に下放れて始まり、午前9時過ぎて92円29銭近辺まで下落している。

戻る