[24日の焦点] 中国、欧州1月PMI速報値に注目

概況


24日発表の景気指標は、中国、ユーロ圏の1月PMI(購買担当者指数)速報値が焦点。中国はHSBC製造業PMIで、市場予想は46.8(12月46.0)と、緩やかな回復継続を見込んでいる。予想比上ブレると豪や米、欧州などのマーケットでも好感されよう。ユーロ圏の場合、製造業とサービス業が発表。前者は46.6(12月46.1)、後者は48.0(12月47.8)にともに上昇を予想。独は、前者は46.8(12月46.0)に上昇、後者は横ばいの52.0。予断は許さない。米新規失業保険申請件数(1月20日までの週)も注目。前週は33.5万件と予想より大幅に減少したが、米労働省は季節調整が影響した結果の可能性があり、ファンダメンタルズな改善ではないかもしれないとコメント。南アフリカ中銀の政策金利発表も注目される。

【24日の景気指標発表・イベント予定】
10:45 中国1月HSBC製造業購買担当者景気指数
17:30 独1月製造業PMI
17:30 独1月サービス部門PMI
18:00 ユーロ圏11月経常収支
18:00 ユーロ圏1月製造業PMI
18:00 ユーロ圏1月サービス部門PMI
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 米12月米景気先行指標総合指数

戻る