[外為全般] ドル円、クロス円、気配が若干切り上がるも全般は様子見に

概況


ニューヨークが休場の中で19日の海外市場は、特に材料が見当たらないらないが、ユーロが買い戻される展開を見せたが、上値は重い。ドル円もジリ高となったが、14日に118円台を割って以降のレンジ内の動きに変化は見られない。20日の東京市場は、日経平均の上昇で気配が若干切り上がっているが、全般に様子見に傾斜。ドル円は117円80銭台前半、ユーロ円が136円60銭前後、ポンド円が177円80銭前後、豪ドル円が96円40銭前後で推移。

戻る