[外為全般] ドル円、日経平均の下落受け120円12銭近辺まで下げる 早朝、ユーロが対ドルで急落、2006年以来の安値1.1862ドル近辺に その後は買い戻しの動き

概況


ドル円は、日経平均の下落を受けて120円12銭近辺まで下げている。5日早朝、ユーロが対ドルで急落、チャートのフシ目抜け、ストップロスを巻き込んで、2006年以来の安値1.1862ドル近辺をつけ、2日の安値の1.2002ドルを更新。その後き買い戻されて午前9時を過ぎて1.9626ドル近辺で推移している。ポンドドルもつれ安、一時1.5180ドル近辺まで下げた。午前9時過ぎは1.53ドルを回復。ユーロ円は143円21銭近辺まで下げた後144円近辺まで持ち直しているが、上値は重い。

戻る