[24日の海外マーケット概観] クリスマス休暇入りで動意に乏しい展開

概況


24日の東京市場は、ポジション調整のドル売りでドル円は120円台後半から一時120円27銭まで押された。海外市場は、クリスマス休暇入りした参加者が多く動に乏しい展開。予想より少ない米週間新規失業保険申請件数に対してドル円、クロス円は強含んだが、上値は限定的で、その後は元の水準に戻した。ドル円は120円40銭台中心に小幅なレンジに終始。ユーロ円は146円90銭前後の動き。ユーロドルは買い戻しから一時1.2220ドルまで上昇したが、その後は上値を重くし1.22ドル前後に。

戻る