[フォーカス] 政府サイドに引き続きけん制の用意なし、事実上の円安黙認

概況


世耕官房副長官の発言が伝えられているが、現段階で、引き続き円安に対してけん制を行うスタンスにはないことを示唆していると受け止められる。

「為替水準についてはコメント控える」「為替の影響は今後とも注視していく」という発言のほか、「円安の影響が出る分野に対し、経済対策できめ細やかに対応する」というのも、いずれも安倍首相を含め最近の政府サイドの発言に変化はない。また、記者からの(円安を放置するのかとの質問)「為替の推移を政府として放置するとかしないとかいう問題でない、注視していく」という発言も、選挙期間中だけに円安があまりに進むのも困るだろうが、日銀の物価目標を手助けする円安を手放したくないことで、マーケットでは、事実上、円安を黙認=放置していることと同じと受け止めているとみられる。

もっとも、政府・当局がけん制に出たとしても、その強さの度合いにもよるが、それで円安に歯止めがかかるとは言えない。円安が当局のコントロールできる環境から外れたとの認識が広がれば、けん制にかかわらず円安は加速する。その場合、株も下げに転じるとみられる。そうなれば、政府・当局が政策を転換するしかなくなる。注意が必要となろう。

戻る