[外為全般] 「OPEC、原油生産量目標据え置きで合意」受け対資源国通貨でドル高に 東京市場も朝からドル全面高 ドル円118円15銭近近まで上昇

概況


27日の海外市場は、米が休場で参加者の少ない中、「OPEC、原油生産量目標据え置きで合意」との速報が伝わり、カナダドルやロシアルーブルがドルに対し急落し、ドル円は117円89銭までドル買いが進んだ。その後は商いが細る中、117円80銭前後で推移。こうした流れを受けて28日の東京市場は、ドル買い優勢の展開。ドル円が118円15銭近辺まで上昇、ユーロドルが1.2449ドル近辺、ポンドドルが1.5704ドル近辺、豪ドル米ドルが0.8509米ドル近辺まで下げている。クロス円は、豪ドル円が一時100円40銭割れ。ユーロ円はもみ合う。

戻る