[テクニカル・ワンポイント] ドル円は117円台前半がポイント

概況


ドル円の上昇は鈍っているが、27日のサンクスギビングデー(感謝祭)の祝日で休場となるほか、翌28日も株式・商品・米債市場は短縮取引となるため、市場参加者は動きにくい面がある。上昇トレンドは継続中。テクニカル的には、117円36銭の10日移動平均線や、117円20銭近辺まで切り上がった日足一目転換線を下回らない間は上昇トレンドが続く可能性と指摘されている。ここを下回ると調整局面に入ることも予想される。

戻る