[米FOMC議事録] 予想よりもタカ派的でない内容も反応は限定的・一時的に

概況


日本時間20日午前3時発表の米FOMC議事録では、「インフレ期待の低下を警戒する必要がある」「一部のメンバーは相当な期間の文言削除を望んだ」「他のメンバーは相当な期間の文言は有益であるとの見解を示した。また、世界経済の成長の弱さをリスクとして取り上げているが、ほとんどの委員はそうした影響が「極めて限定的」になる可能性を指摘。マーケットでは予想よりもタカ派的でない内容と評価されたが、ドル円の下げは限定的・一時的なものにとどまった。

戻る