[18日の海外マーケット概観] NY後半、ドル円は米株とともに買い戻される

概況


日本時間午後7時に安倍首相の記者会見が始まるといきなり材料出尽しの意味なのか夜間取引の日経平均先物とともにドル円が117円近辺から116円40銭近辺まで売られた。その後はすぐに買い戻しが入るなど乱高下。米10月生産者物価指数は予想を上回ったが反応は限定的。米10年国債利回りが低下すると116円33銭近辺まで押された。売り一巡後は米10年国債利回りが低下幅を縮めたことや11月NAHB住宅市場指数が予想を上回ったこと、ダウが過去最高値を更新したことなどを背景に117円近辺まで買い戻された。ユーロドルは1.2470ドルまで下げた後、ドイツ11月ZEW景況感期待指数が予想よりも強かったことを受け1.2540ドル近辺まで上昇。その後上げ一服となった後、ユーロクロスでの買いに一時1.2545ドル近辺まで上値を切り上げた。

戻る