[外為全般] ドル円、クロス円、強含みもレンジ内の動き

概況


ドル円はレンジ相場。4日の海外市場では、ドル円が113円70銭が重い一方、、やや調整の動きを見せたが、113円20銭割れのレベルは堅い。5日の東京市場は、日経平均が安寄り後下げ渋っているため、午前9時前の113円40銭台から113円60銭台に。ユーロ円は、4日のニューヨーク市場で「ユーロ圏中銀総裁、ECB総裁の運営方法に不満―関係筋」との報道を受けユーロドルが上昇したため、ユーロ円も142円60銭近辺まで上げた。その後は小動き。5日の東京市場は142円62銭近辺とニューヨークの高値を更新。ポンド円は4日の海外市場で方向感なく上下動を繰り返したが、上値、下値ともに181円台での動きに。5日の東京市場は181円60銭台から181円80銭台に。ドル円、クロス円ともに強含んでいるが、レンジ内の動きにとどまっている。7日に米10月雇用統計の発表を控え動きにくい。

戻る