[外為全般] 円買い一服もドル円、クロス円とも上値重い

概況


16日欧州市場で売られたドル円やユーロ円、豪ドル円などはニューヨーク市場に入って株式相場の落ち着きで買い戻されたが、下げを回復しただけであり、上値は依然として重い。ドル円は106円50銭近くと、16日の安値から約1円回復も、106円50銭は超えられず、17日午前9時過ぎの東京市場は106円30銭近辺まで押されている。ユーロ円は17日午前8時過ぎの136円40銭近辺を高値に136円13銭近辺、ポンド円は171円51銭近辺を高値に171円9銭近辺まで軟化している。豪ドル円は93円43銭近辺から抑えられている。NZドルは午前7時過ぎに下げたが、まもなく下げを回復している。

戻る