[外為全般] ドル円強含みも上値の伸び欠く クロス円は戻り鈍い

概況


ドル円は、106円台後半が堅いとみて買い戻しに午前8時半にかけて107円39銭近辺まで強含んだが、ここからは伸び悩み、午前9時を過ぎると107円22銭近辺まで押されている。一方、ユーロの戻りは弱い。ユーロドルの下げもあって14日のニューヨークと同様に15日早朝も135円60銭台が壁で午前9時過ぎは135円60銭前後で推移。同様にボンド円は170円50銭台、豪ドル円は93円40銭台から重い。現状は欧州通貨、資源国通貨が弱い中にあって消去法的にドルと円が上げている状態といえる。

戻る