[外為全般] ドル円、13日NY終盤に107円割れ、14日東京市場は持ち直すも上値重い ユーロドルは失速

概況


米株の調整継続を背景にドル売りが強まった。ドル円は13日ニューヨーク終盤に107円を割り込んで106円75銭近辺まで売り込まれた。14日早朝は買い戻しの動きに107円台を回復、午前9時を過ぎて107円14銭近辺まで持ち直した。しかし、このレベルでは売り買いが交錯、日経平均の下落が上値を抑えている。クロス円はもみ合い。ユーロドルは1.2767ドル近辺まで上伸、その後は失速、午前9時を過ぎて1.2714ドル近辺まで押されている。

戻る