[17日の焦点] 米1月フィリー指数、米12月住宅着工件数、米新規失業保険申請件数に注目

概況


17日発表の景気指標は引き続いて米中心。米1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(フィリー指数)が注目。市場予想は6.0(12月8.1)に低下の予想。15日発表の米1月ニューヨーク連銀製造業景気指数が▲7.78(予想0.00、12月▲8.1)と予想より弱い結果に。製造業の回復の足取りは鈍い。

一方、好調な住宅関連データは強気。米12月住宅着工件数(年率換算件数)は89.0万件(11月86.1万件)、米12月建設許可件数(年率換算件数) は90.5万件(11月89.9万件)と、ともに増加を予想。米新規失業保険申請件数(1月12日までの週)の予想は36.5万件と、予想より多かった前週(37.1万件)より少なめに。

【17日の景気指標発表・イベント予定】
17:15 スイス12月生産者輸入価格
18:00 ユーロ圏1月ECB月報
18:30 スペイン国債入札
19:00 ユーロ圏11月建設支出
21:00 バンク・オブ・アメリカ(BOA)第4四半期決算
22:00 シティ・グループ第4四半期決算
22:30 加11月対住宅着工件数
22:30 米12月建設許可件数
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 米1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
26:05 ロックハート米アトランタ連銀総裁講演
30:00 米インテル第4四半期決算

戻る