[外為全般] ドル円は次第に上値切り下げ ユーロ円、ポンド円も上げ一服

概況


ドル円は高値圏でのもみ合いながら上値が107円30銭台から107円10銭台に切り下がる展開。一方で、107円前後は堅い。午前9時を過ぎて107円10銭台の半ばから前半のレベル。17日の米FOMC会合の結果発表がされるまでは同様のパターンが続くか。ユーロ円は139円台をキープできず、午前9時を過ぎ138円60銭前後での動き。ポンド円もユーロ円と同じく174円台は定着できず173円80銭前後で推移。ユーロドル、ポンドドルが下げ渋りの一方、ドル円の上昇によって引っ張られたユーロ円、ポンド円の上げは一服状態に。豪ドル円は午前9時前の96円81銭近辺から96円71銭近辺まで押され、依然下げトレンドから脱したとのムードは感じられない。

戻る