[外為全般] 日経平均の伸び悩みを背景に円買い戻し優勢 ドル円106円69銭近辺まで下落 クロス円も下げる

概況


午前9時を過ぎて、日経平均の伸び悩みを背景に円の買い戻しが優勢。ドル円は、10日ニューヨーク後半に続いたもみ合いゾーンの106円80銭台前半から106円69銭近辺まで下落、ユーロ円が137円85銭近辺、ポンド円が172円96銭近辺、豪ドル円は97円74銭近辺まで押されている。

戻る