[外為全般] ドル円、クロス円の買い続かず 欧州勢の動きが焦点に

概況


午後3時目前でドル円、クロス円に買い戻しの動きがみられたが、午後3時を過ぎると上値が抑えられた。ドル円は87円95銭近辺から一時88円20銭近辺まで上げたが、その後は88円5銭近辺までおされた。ユーロ円も116円88銭近辺から117円26銭近辺まで持ち直した後116円92銭近辺と上昇前のレベルまで押し戻された。ポンド円、豪ドル円も同様な動き。このあと欧州勢が参入する時間帯に入るが、欧州勢がどう動くのか焦点。ドル円、クロス円の短期的な下げトレンドが継続しているように見えるが、円買いの流れに乗るのか、または再び円売りに向うのか注目される。

戻る