[フォーカス] 4-6月期実質GDP成長率(2次速報値)は小幅下方修正。一方で、設備投資下方修正・民間在庫投資上方修正は「予想外の修正」。7〜9月期に不安感残す

概況


日本の4-6月期実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値の-6.8%(前期比年率)から-7.1%に下方修正された。修正幅は、ほぼ市場予想コンセンサス並みで、やや悲観的な市場予想に比べて小幅なものにとどまったが、「修正内容は予想外」との指摘が多い。小幅の上方修正が予想されていた設備投資(前期比)が-2.5%から-5.1%に下方修正される一方、下方修正が予想されていた民間在庫投資(前期比・寄与度)が+1.0ポイントから+1.4ポイントに上方修正された。全体は小幅な下方修正だが、中身はそれ以上に良くないとの印象かもしれない。

注目されるのは、回復期待の7〜9月期実質GDPだ。直近のESP8月調査によるコンセンサスは前期比年率4.1%だったが、個人消費の低迷や鉱工業生産7~9月期が下ぶれで増産に転じる確率は現時点では5分5分、外需のもたつきなどで慎重な見方も少なくない。マーケットでは前期比年率3%加、それ以下にとどまるとの予想も。さらに4-6月期実質GDP2次速報値で民間在庫が上方修正されたことで7〜9月期に不安感が否定できない。

戻る