[テクニカル・ワンポイント] ドル円は買われすぎ RSIは79%、テクニカルの上では説明し切れず

概況


ドル円は一時104円26銭近辺まで上昇。その後は上値の重い展開となっているが、ボリンジャーバンド+2シグマより上の水準にある。テクニカル分析では説明しにくいとされ、RSIは79%という買われすぎゾーンに入っている。いつ反落してもおかしくないとの指摘もあるが、投機筋はどう引っ張ってくるか。イエレン米FRB議長は講演で利上げ時期については一言も言っておらず、利上げ前倒しへの思惑は、特に為替市場を中心に材料視したに過ぎない。

戻る