[FOMC議事録の要点] 「多くのメンバーは労働市場の完全な正常化にはほど遠いと判断」「雇用が増えたことで利上げが早まる可能性があると判断」

概況


伝えられているFOMC議事録(7月29・30日分)の要点。

・多くのメンバーは労働市場の完全な正常化にはほど遠いと判断
・雇用が増えたことで利上げが早まる可能性があると判断
・多くのメンバーが余剰労働力の文言を近く変更する必要性を指摘

戻る