[外為全般] ドル円強含みも103円手前から押される ユーロドルは一時1.3317ドル近辺まで下落

概況


20午前8時半前からドル円は102円95銭近辺まで上昇。このレベルでは抑えられたが、午前9時を過ぎて仕掛け的な買いに1025円98銭近辺を付けた。しかし、103円手前からは102円90銭台半ばまで押されている。19日ニューヨーク市場で1.3313ドル近辺と年初来安値を更新したユーロドルはその後小幅レンジ相場を継続、午前9時を過ぎて一時1.3317ドル近辺まで弱含んでいる。ポンドドルは19日のニューヨークで1.6610ドル近辺まで下げ、その後は1.6620全前後で小動きが続いている。20日早朝に0.93米ドルを割り込んだ豪ドル米ドルは午前9時前に0.9286米ドル近辺まで下げ幅を拡大。一方、ユーロ円は、19日のニューヨーク序盤で売られた後、終盤にかけ下落前のレベルまで買い戻され、20日午前9時を過ぎて137円16銭近辺まで強含んだが、その後は押されている。豪ドル円は午前9時前に95円61銭近辺まで下げた後買い戻されている。

戻る