[12日午前の東京マーケット概観] 全般にもみ合う展開

概況


12日の欧州市場は、対ユーロでのドル高の影響からドル円は102円3銭近辺まで強含んだが、独中心に欧州株の下落を背景に上値が抑えられる展開。その後、ドル円は102円10銭台まで押された。ニューヨークは、ドル円が序盤に102円9銭近辺まで下落。その後、ダウが一時プラスになるなど下げ渋るとドル円は買い戻され102円20銭台まで持ち直したが、上値も重く、あとはもみ合う展開。欧州で売られたユーロもニューヨーク後半は買い直された。

戻る