[外為全般] ドル円、クロス円強含むも上値抑えられる

概況


11日の海外市場は、ドル円、クロス円ともに小幅なレンジ相場。ニューヨーク終盤から12日早朝にかけて強含んだが、上値は抑えられている。ドル円は午前7時45分ごろに102円25銭近辺まで上げたが、ここから伸び悩んだ。午前9時過ぎて102円24銭近辺をつけたが、このレベルでは売りが寄せられている。同様にユーロ円は136円86銭近辺を高値に136円80銭前後に伸び悩み。ポンド円は171円65銭近辺を高値に171円52銭近辺まで軟化、94円73銭近辺まで上げた豪ドル円は94円60銭近辺まで反落。

戻る