[外為全般] ドル円、ユーロ円、ポンド円は弱含み

概況


ドル円、クロス円とも次第に弱含みに。1日のニューヨーク市場は予想を下回る米7月雇用統計の発表をきっかけにドル円は102円33銭近辺まで売り込まれて、7月30日以降の上げをほぼ消した。その後は102円50銭台まで持ち直したが、このレベルではこう着。4日も早朝から102円50銭台半ば前後が続いたが、午前9時過ぎに102円49銭近辺まで弱含み。ユーロ円は、1日ニューヨーク後半以降のレンジ上限の137円73銭近辺から137円64銭近辺、同じくポンド円は172円60銭台前半から172円45銭近辺まで軟化している。豪ドル円は95円50銭前後でもみ合い。対米ドルやユーロでの上昇が影響。

戻る