[28日の海外マーケット概観] 上値、下値とも限定的

概況


28日の欧州市場し、時間外取引の米10年国債利回りが2.49%台まで上昇する中でドル円は101円90銭近辺まで上げたが、上値は限られた。その後は欧州株の軟調な動きや、米10年国債利回りの低下の環境でドル円は101円79銭近辺まで押された。ニューヨーク市場は、米ダウが軟調に始まり、ドル円は101円76銭近辺まで下落したが、下値も限られ、その後、米株の下げ渋りで101円87銭近辺まで持ち直す。売り買いとも積極的な動きは見られない。クロス円も同様に小幅なレンジ。

戻る