[25日午前の東京マーケット概観] ドル円、クロス円 上値やや重いも小幅なレンジ内

概況


ドル円は、24日のニューヨーク市場で付けた101円84銭近辺を高値に押される展開。ドル円は次第に上値を切り下げており、午前10時前には101円76銭近辺までジリ安。ユーロ円は再び137円割れの136円97銭近辺、ポンド円は172円81銭近辺まで弱含んでいる。豪ドル円は95円80銭台半ばを中心にもみ合う展開。その後、ドル円、ユーロ円、ポンド円は小動き。材料難に様子見ムードが広がった。ドル円は101円75銭を中心に上限2銭の動き、ユーロ円は137円2銭中心に2、3銭程度、ポンド円は172円80銭台での往来。一方、豪ドル米ドルが0.9408米ドル近辺と、23日以来の安値、豪ドル円は95円75銭近辺と、24日ニューヨーク安値を更新。また、NZドル円は87円20銭近辺まで押された。

戻る