[ドル円] 101円39銭近辺で買い・101円41銭近辺で売りのパターン1時間にわたって継続

概況


ドル円は狭いレンジでの売り買いが継続。101円39銭近辺で買い、101円41銭近辺で売りのパターンで、約1時間続いている。手詰まり感を示唆か。ドル円は足元で101円60銭近辺でピークを打った後101円33銭近辺まで下落、その後は101円40銭台中心に推移しているが、方向感が定まらず、次の展開が見えにくい。下にも、上にも進みにくい環境が続くか。

戻る