[外為全般] 円買い戻し継続 ドル円102円11銭近辺、ユーロ円138円97銭近辺まで下落

概況


4日早朝も102円20銭前後でもみ合った後、午前9時を過ぎると円の買い戻しが優勢。ドル円は102円1銭近辺まで下落。ユーロ円は138円97銭近辺まで下げ、ポンド円は175円21銭近辺まで軟化。豪ドル円は、3日ニューヨーク序盤にかけて95円31銭近辺まで売られた後、95円65銭近辺まで急反発、後半に95円49銭近辺まで再び売られるなど不安定な動き。4日は95円50銭台前半中心の往来相場が続いている。3日のニューヨーク市場では、ドル円は101円95銭から102円24銭まで急伸、米10年債利回りは2.62%台から2.68%に急上昇。いったんは102円8銭まで小緩んだが、ダウが17000ドルすると102円28銭近辺まで切り上げ。後半は、独立記念日による休み前に米株式・債券短縮取引だったため、ドル円も102円17銭~102円21銭の小幅なレンジ相場に。

戻る