[外為全般] ドル円、クロス円伸び悩む ドル円101円60銭レベルが抑えられる

概況


株高を受けてドル円は101円60銭近辺まで上昇、ここでは抑えられ、101円58銭近辺まで軟化。ドル円は101円20銭台前半で下げ止まり、戻りを試す展開で101円50銭台を回復したが、1日の海外市場では101円50銭台で上げ止まった。市場関係者は、このパターンはある程度予想していた。ここからは、米6月雇用統計の結果にかかってくるか。ユーロ円は138円99銭近辺、ポンド円は174円19銭近辺まで上げた後伸び悩み。米株高を背景に対ドル、対円などで上昇した豪ドル、NZドルは、2日早朝から調整気味に推移。午前7時以降はもみあう展開が続いている。

戻る