[外為全般] ドル円、クロス円小幅もみ合う ドル円101円30銭台を切る力があるかが当面のポイント

概況


ドル円は101円40銭台中心で小幅なもみあい。27日は101円30銭近辺まで下落したが、101円30銭台はこれまでも堅いレベル。基準となるニューヨーク終値ベースでの200日移動平均線をついに切った。アベノミクス相場がスタート以来ドル円が200線を割ったのは、一時的にはあったが、ニューヨーク終値ベースでは初めてのこと。これを重視すれば、調整が続くとみることができるが、一方で、101円30銭台の過去の底堅さを考えると、これを切っていく力や材料がどこまであるのか注目される。クロス円も小動き。ユーロ円は138円30銭台、ポンド円は172円70銭台後半、豪ドル円は95円50銭台で推移している。

戻る