[外為全般] 日経平均の下落を背景に円買い優勢 ドル円101円83銭近辺まで売られ、24日安値圏に、「200線」めぐる攻防も

概況


日経平均の下落を背景に円買い優勢。ドル円は101円83銭近辺まで売られ、24日安値圏に。200日移動平均線が101円64銭のレベルにあり、ここを下抜けを試すか、強力なサポートラインとしてその存在を発揮するのか当面はその攻防となる可能性がある。クロス円は、ユーロ円が138円50銭近辺、ポンド円が173円39銭近辺、豪ドル円が95円94銭近辺まで下落。

戻る