[20日の海外マーケット概観] ドル円、NYで買い戻されるもレンジ内の動き

概況


20日の欧州市場は、ドル円が102円台を回復。ユーロに対するドル高や、時間外の米長期金利の上昇が背景。ドル円は102円8銭近辺まで強含んだ。ニューヨークは、材料がない中で、予想上回ったカナダ景気指標を受けてカナダ円が上昇したことを材料にドル円は102円10銭台。ダウが史上最高値を更新する中、一時102円な19銭まで上昇。その後は、米株、米長期金利ともドルが伸び悩む展開、ドル円は102トビまで押された。小幅なレンジでの展開に変化はない。クロス円も同様の展開。

戻る