[外為全般] ドル円、クロス円、日経平均の上昇に反応薄で小幅なレンジ

概況


ドル円、クロス円ともに日経平均の上昇に反応が鈍く、小幅なレンジ。ドル円は102円10銭前後、ユーロ円は138円70銭台前半、ポンド円は173円75銭前後で推移。豪ドル円は早朝に95円60銭台後半まで下げた後、下げる前の95円80銭台まで買い戻されている。20日ニューヨークに入ってドル円、クロス円ともに強含んだが、いずれも小幅なレンジ内での展開に変わりはない。

戻る